松下電器 (ルームエアコン)Home

下記のエラーコード表に、発売年度やエアコン品番により、全てが該当するとは限りませんので、ご注意下さい。


最近の自己診断(エラーコード表)| メーカーサービス電話帳へ |

エラーコード 不具合内容など 点検箇所
H11  室内外通信異常  内外接続電線、室内/室外制御基板、室外AC回路部品
H14  室内吸込温センサー異常  吸込温センサー(コネクタの接続不良/はずれ)
H15  室外圧縮機温センサー異常  圧縮機温センサー(コネクタの接続不良/はずれ)
H16  室外CT断線異常  冷媒量少(ほとんどなし)、室外制御基板
H19  室内ファンモーターロック異常  室内制御基板、ファンモーター(コネクタの接続不良/はずれ)
H23  室内熱交換器温センサー異常  室内熱交換器温センサー(コネクタの接続不良/はずれ)
H24  室内熱交換器温センサー2異常  室内熱交換器温センサー2(コネクタの接続不良/はずれ)
H25  空気清浄ユニット異常  異常通電
H27  外気温センサー異常  外気温センサー(コネクタの接続不良/はずれ)
H28  室外熱交換器温センサー異常  室外熱交換器温センサー(コネクタの接続不良/はずれ)
H30  室外吐出配管温センサー異常  室外吐出管温センサー(コネクタの接触不良/はずれ)
H31  室内湿度センサー異常  湿度センサー(コネクタの接触不良/はずれ)、室内制御基板
H33  室外100V機種接続異常  室外ユニットの機種違い(室内200V機種に室外100V機種を接続した時の異 常表示)
H97  室外ファンモーターロック異常  室外制御基板、ファンモーター(コネクタの接続不良/はずれ)
H98  室内高圧過昇保護  エアフィルター汚れ、ショートサーキット
H99  室内熱交換器凍結防止保護 冷媒量小、エアフィルター汚れ
F11  冷暖切換異常  四方弁、四方弁コイル
F16  冷房除湿切換異常  室内二方弁、二方弁コイル、室内制御基板
F90  PFC保護  室外制御基板
F91  冷凍サイクル異常  冷媒抜け(三方弁開け忘れ)
F93  圧縮機回転不良  室外制御基板、三方弁開け忘れ
F95  冷房異常時高圧保護  室外室内熱交換器温センサー、放熱妨害
F96  室外トランジスタモジュール温度過 昇保護  放熱妨害(室外ファンモーター不良)、冷媒量大、(コネクタの接続不良/はず れ)
F97  圧縮機温度過昇保護  冷媒量小、放熱妨害、過負荷条件
F98  総合電流保護  冷媒量大、放熱妨害
F99  DCピーク動作異常  圧縮機、パワートランジスタ、室外制御基板
     



自己診断機能(英数字3桁表示)機種により表示方法が異なりますので、説明書を御覧下さい。

故障時の診断表示がリモコンで確認できます。

故障が起こると、自動的に停止して、タイマーランプが点滅します。お客様に、このタイマーランプ点滅をお知らせする事により、診断時間の短縮を図りました。

  • 故障が起こると、自動的に停止して、タイマーランプが点滅します。

  • 電源を切れば、タイマーランプは消えますが、故障状態で運転すると、再度タイマーランプが点滅します。

  • 故障修理後、運転すると、診断表示はしませんが、最後の診断記号は、ICに記憶されています。(診断記号の取消しはできます。)

  • 過負荷運転、放熱妨害、凍結防止、電源電圧の低下または、運転時に電源再投入等により、エアコン保護動作が働くと、診断表示しませんが、 F99 等、ICに記憶されますが、 故障ではありません。


  • 異常時、タイマーランプ点滅
    1. 自動的に運転を停止。
    2. 室内ユニット中央表示部のタイマーランプが点滅。
    3. 電源を切るとタイマーランプは消灯。

  • 記憶している異常(保護動作)状態を表示させたいとき
    1. 電源を入れる。
    2. リモコン左下の診断ボタンを先の細いもので5秒間押すと、リモコン表示部に診断記号が表示される。
    3. 室内ユニットから「ピピピピ」と連続音がするまで、温度ボタン△(▽を押すと戻る)をゆっくり繰り返し押す。
    4. このとき、リモコンに表示された3ケタの英数字が該当の故障内容です。

  • 修理後、記憶している異常(保護動作)状態を取消したいとき
    1. 電源のON/OFFにより、リセットされます。




機種により停止中にリモコンの
すすむボタンを5秒以上押し続けるとリモコンの表示部に診断表示がされます。


すすむ又はもどるボタンを操作し、診断表示を
順次送ります。異常内容と一致すると
ピッピッピッと受信音が鳴り運転ランプが点灯します。


故障診断の記憶を削除する方法
強制冷房運転にて運転後リモコン電池部の
設定端子をショートすると過去の異常内容などの
記憶が消去されます。
  • 応急運転について(異常状態によっては応急的な運転が可能)
    1. リモコンで冷房または暖房を選び運転 切/入ボタンを押す。(受信音ピピピピとタイマーランプ点滅)
    2. 修理するまで一時的に使用。